このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

恋の仕方を知らない僕等は。

小説 恋愛 純愛

『恋仕。』シリーズ

恋の仕方を知らない僕等は。

由科

【人を信じられない。】そんな僕を変えてくれたのは、キミだった。

休載中

118ページ

更新:2013/08/23

説明


☆前作[リンク]を知っていれば、よりお楽しみ頂けます!☆



「お前も、大人になれば……。

 今の俺と同じ年になったら、きっと解るさ」



 そんな兄さんの言葉を聞いたのは、いつだっただろう?



 ―――16歳、夏。



 ついに、僕へ微笑みながら話してくれた兄さんと、僕は同い年になった。



 それでも、兄さんの言ったように、僕がその意味を理解することは出来なかった。



 双子の姉は恋を楽しみ、青春を謳歌している。



 それなのに僕は、恋をするどころか、人を信じることすらままならない。



 ―――そんな、或る日。



「理緒君……。

 私と……恋、してみませんか?」



 勝手に壁を作って閉じこもり、臆病になっていた僕を変えようとしてくれたのは。



 大切な人の為に身を引ける、芯の強い可憐な女の子だった。


この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

由科さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント