このページのリンクアドレス

エブリスタ
ユニーク・セレクト・ワールド

小説 ファンタジー

ユニーク・セレクト・ワールド

鳴都 伊鶴

(18)

魔法が発展技術となった世界

完結

2051ページ

更新:2017/12/11

コメント:一番最初から編集始めます

説明

ユニーク・セレクト・ワールドⅡ公開しました
[リンク]
――――――――――――――――――


『魔法が世界の発展技術となった世界』

魔法名門貴族の一つ五月雨家に生まれた主人公"五月雨纓二"しかし、その身に魔法能力が無いことを知らされ、一族に捨てられる。
しかし、纓二は魔法の力を開花させ最強の魔法使いとなる。

そんなとき悪魔が魔王の復活を企んでいることを知り、任務のためキリアス教の総本山であるイルニティ王国に潜入。
そこで昔離ればなれになった妹と再会し物語は様々な要素を含んで発展する。


ーーーーーーーーーー

王道ファンタジー
魔法と戦争と神話と悪魔と天使と神と魔物と女神と宗教、ファンタジーと聞いて思いつきそうなものがいっぱい出てきます。




誤字、脱字等が多数あります。

注、前半文章ぐちゃいですが後半まで読んでいただければそこそこちゃんとしてます。
この物語に登場する国や地名、世界は架空のものであり(似ています)、現代世界のものとは異なるものです。


※内容の流れ自体に変更はありませんが、前半の部分を随時編集していきます。
そのため、一人称視点が三人称視点になったりしてますが、編集中だとご理解ください。



(とりあえず、1000ページまで読んでみてください)



2013年1月11日に初投稿、2年近く放置期間があり
完結2017年9月某日に完結。

この作品のタグ

作品レビュー

鳴都 伊鶴さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません