このページのリンクアドレス

エブリスタ
資質50環境50

小説 ノンフィクション

資質50環境50

マシュマロ

息子が軽度の多動をこじらしましてww

完結

423ページ

更新:2015/09/01

説明

息子が軽度の発達障害をわずらいまして
隠れ発達君でした

多動とアスペの混合型で
表紙がウィクスの結果ですが
落差は多少です

幼稚園小学校
3年の担任にあたるまで

こちら側から
発達障害ではないかと働きかけました
毎回気にしすぎと言われましたが
最終診断はやっぱり発達障害

幸い知能指数はほどほどにあります
注意欠陥のほうなので
忘れ物が多く字が汚い

授業はおとなしく受けています
奇声や奇行またパニックもたいしたこだわりもありません

この程度だからこそ
時間がかかりました
8年掛かっちゃいました

医師や教師ですら「個性」で受け流しました

私の育て方なんけ?
これ以上どうしたらいいんだろ?
アタシが息子を障害児にしようとしているのではないか?

と考えましたが
見逃すレベルで言えば
反面そうであり反面違います

息子レベルの発達障害の沢山の子供は「個性」で気が付かれること無く
大人になって行くから

資質に気が付き受け入れる事で

字を書く事が
息子にとって人一倍集中力を伴う行為だと
理解出来てよかったです

母ちゃんは見逃しませんでした
ちなみに書字障害も最近わかりました

これ以上は多分無いと思われます

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

マシュマロさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません