このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

murder・tiger

小説 SF

murder・tiger

ざだるおん

わたしのデータに涙はありません、でもこの感覚は…何?

休載中

91ページ

更新:2013/08/10

説明

舞台は西暦3000年の日本ー



 世界は過酷な環境問題に直面していた


 3000年代…日本の人口過密は少なく、ほとんどは高齢者


若者も少ないうえに老人が多いことで、日本社会は崩れていく一方だった


 ある国は弱体化した日本領地に目をつけ、日本国を買収しようと日本に持ちかけた

もちろん、日本はこれに反対した


  それで戦争が始まった


 日本にいる数少ない若者たち&日本製のサイボーグたちは世界を相手に戦う兵士となって戦地に送りだされた



 そんな日本に残されている老人老女たちはなすすべなく施設で過ごしていた

すべて、ロボットに任せて…



 そんな施設に、一人のサイボーグが就職してきた



  彼は`元殺人サイボーグ'


殺人鬼と呼ばれた彼が、なぜ介護士に就職したのか?

彼はどう高齢者に接していくのか?



【注意】
内容は、鉄腕アトムに似ています

それでもお読みになられる方はどうぞお楽しみに~

ネーミングセンスがなくてすいません!!

murdertiger始まるぜ~

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ざだるおんさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント