このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は3ヶ月以上更新されていません。

デスシャドウ (終焉の世界)

小説 ファンタジー

デスシャドウ (終焉の世界)

京 ゆう

(1)

少女は少年を"寝ぼけて"殺した。なら、殺した理由は………

休載中

353ページ

更新:2017/07/19

説明

俺が間違えたんだな
そうだ
みんなのために嘘を吐こう


少女は寝ぼけて、間違えて少年を殺した。そして少年は死に神となり、もう一つの世界で生活し、過去の罪に縛られながらも仲間を守った。

だが、少女が少年を寝ぼけて殺した理由は?

少年が少女に間違えて殺される理由は?

これは悲しき化け物の物語、人になろうとした化け物の物語。死して尚、人間を愛した化け物の物語。


私達も
この世界も間違えてる………
嘘ばかりだ………



一章
デスシャドウ(死神の約束)[リンク]

二章
デスシャドウ(約束の終焉)[リンク]


誤字脱字があるかもしれません。
あと、作風が定まってません。
趣味で書いているので、批判は控えてください。




2014年11月21日作始



2015年2月13日 閲覧数100突破

2015年4月22日 閲覧数200突破

2015年9月17日 閲覧数300突破

2015年12月11日 閲覧数400突破

2016年5月16日 閲覧数500突破
ありがとうございます!

この作品のタグ

作品レビュー

京 ゆうさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント