このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

古文の授業

小説 その他

あたしが裸婦に!

古文の授業

島津紀絵

(1)

あたしは高校1年生。あたしはクロッキー会で裸婦になることを約束してしまった。

休載中

20ページ

更新:2013/04/02

説明

芸術のためだから、どんなに恥ずかしくても辛抱するしかないんだけど、せめて今日あたしが裸のモデルになるということを、自分のクラスのトモダチだけには知られないようにしなくっちゃいけない。

もし知られてしまったらおそらく全員が、あたしの裸を、芸術とは関係なく、興味本位で見に来るに違いない。

そんな、なんだかわくわくするような、恥ずかしくて死にたいような、複雑な心境で迎える放課後が迫っているというのに、あたしは5時限目の古文の授業のとき、つい居眠りをしてしまった。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

島津紀絵さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません