このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

荒れた世界に糖分を!

小説 ファンタジー

荒れた世界に糖分を!

ushi

「生きていくためには不要だけど、ちょっとでもあるといいよね」

休載中

39ページ

更新:2013/04/05

説明

砂ぼこり舞い散る荒涼とした大地を、強靭な四肢で踏み鳴らし、大きな大きな真っ黒いクマが駆け抜けています。

真っ黒いクマの背中には旅荷物が満載され、だいぶ重そうです。その中央には人の影が2つ見えます。


一人は地図を、一人は『甘味』と書かれた旗を持っていました。

通りすぎた後の空気はほのかに甘い香りがしました。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません