このページのリンクアドレス

エブリスタ
ミチの魔道書  上巻

小説 ファンタジー

ミチの魔導書

ミチの魔道書 上巻

たまきはら

(3)

舞台は、魔法の世界『マナリア』。

完結

344ページ

更新:2013/08/05

説明

ここは地球。

日本で暮らす少年一ノ瀬 三知(いちのせ みち)を取り巻く環境は、特異であった。


生まれながらにして、銀髪。

突如発症した、左胸の痛み。

そして左胸から浮かび上がる黒い紋章。


ある日母は病魔に倒れ、父は三知が幼い頃家を出た。

文字通り、天涯孤独となった三知はある老人と出逢う。




全ては、そこから始まった。



「学園に入りなさい。」


老人のその一言で、三知の人生は大きく変わる。



異世界?


それに魔法だって?



…そんな馬鹿な。





魔法学園ファンタジー上巻!


学園の怪談。

闘技大会。

過去の英雄の手紙。


彼の出生の秘密とは。

そして彼の背負う運命とは。



全ては彼を取り巻いて、そして彼へと収束していく。



上中下の三部作という構成を予定しております。

この第一章はマナリアの世界観をお伝えしたい為、まったりしてしまうと思いますが、良かったらお付き合い下さい。


H25.4.21 執筆開始。

一章ずつ公開する予定です。


この作品のタグ

作品レビュー

たまきはらさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント