このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は半年以上更新されていません。

挽き立てのブラック豆はありますか?

小説

オリジナル小説

挽き立てのブラック豆はありますか?

TEO

暗殺の味、御賞味あれ

休載中

12ページ

更新:2017/07/07

説明

とある街のとある裏路地にあるヒッソリと構えている喫茶店。
それ故にか、客は殆ど来店しないのだ。


しかし、選別された豆・紅茶、料理――これらの味は申し分ない。

この店――とある注文をすると、オーナーから“特別なサービス”を受けれるのであるが……。

――――――――――――――


どうも、皆様。作者のテオ☆テオです。

これで累計3(?)冊目となるオリジナル小説です。

未だ文作は無く(努力はしているのだが……)、陳腐な箇所も見られると思います。

また、更新ペースはかなり遅いと思います。

その点を踏まえ、それでも良い、と仰る方はこのままお進み下さい。

無理だ、と申すお方はどうぞ他の著者様の小説を閲覧して下さいまし。

ではでは、始まります――

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

TEOさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません