このページのリンクアドレス

エブリスタ
Intelligence crisis

小説 ホラー

Intelligence crisis

蒼雲 騎龍

とある技術の力で生み出されし者は、人を貪る異形の化け物だった…。

完結

119ページ

更新:2015/05/31

説明

終末思想を掲げる新興宗教団体が、世界に向けてクーデターを起こす。





突然の出来事に、世界は大混乱を来した。





そして、核爆弾が今度は世界を被うとは、誰が想像をするだろうか。





後に、





{地球の嘆き}





と、呼ばれた未曽有の恐怖に襲われた、21世紀初頭の世界。





然し、それから、半世紀以上の時が経ち。 人の科学力は、宇宙に人が住める空間を生み出していた。





だが、あの‘地球の嘆き’に、別の真実が有り。 そして、その悲劇が新たな未曽有の恐怖を生み出すとは、誰が想像しただろうか。





だが、既に運命のサイは投げられている。






何故か、人を憎み。 人を根絶やしにしようとする化け物が、その力の食指を人へと差し向け始めた。





だが、まだ・・殆どの人は、それを知らない。





そして、確認も出来ていない。





だが、確実に、その進行は始まっていた…。





22世紀まで残り数年と云う時。





その戦いは、始まった。



或る、二人の男性の手に寄って…。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

蒼雲 騎龍さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません