このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

武装神姫[シュラバロード](仮)

小説 ファンタジー

武装神姫[シュラバロード](仮)

腰痛ギアREN

(1)

主「ヒャッハー!!神姫だぜぇぇぇ!!」むるちー「うるさいぞ。騒ぐのも程々にしろ!!」

休載中

34ページ

更新:2014/12/21

説明

西暦2036年
第三次世界大戦もなく、宇宙人の襲来もなかった、現代からつながる当たり前の未来。
その世界ではロボットが日常的に存在し、さまざまな世界で活躍していた。

神姫、それは全高15cmのフィギュアロボである。
"心と感情"を持ち、もっとも人々の近くにいる存在。
多様な道具・機構を換装し、オーナーを補佐するパートナー。

その神姫に人々は、思い思いの武器・装甲を装備させ、戦わせた。
名誉のために、強さの証明のために、あるいはただ勝利のために。

オーナーに従い、武装し戦いに赴く彼女らを人は「武装神姫」と呼ぶ。

そして、2040年。
ヴァーチャルリアリティの技術の革新によって、人は擬似的に神姫と一体となり意のままにコントロールできるようになった。

これを"神姫ライドシステム"という。




注意!
この小説は武装神姫バトルマスターズ及び武装神姫バトルマスターズMk.Ⅱのシナリオに沿った小説です
一部シナリオにネタバレが含んでいるため未プレイの方はご注意ください
バトルシステムについてはMk.Ⅱ版を元にしていますが一部はバトマスにはないシステムをつかっている時もあります
あとキャラは違ったりする可能性があります
尚この小説は
神姫愛 50%
変人  30%
甚平  20%
野球人 20%
根性  80%
の比率になっています

白子「明らかにいらないものが混じっているみたいですけど…」

黒子「気にしたら負けだ。それに作者の都合というものがある。」

ぜるのん「更新は不定期みたいだから気長に待つと良いらしいよ」

この作品のタグ

作品レビュー

腰痛ギアRENさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません