このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

ベルロイドの国護獣

小説 ファンタジー

ベルロイドの国護獣

如月みき

作品準備中

休載中

25ページ

更新:2015/04/24

説明

親が誰なのかも分からぬ。

いつ生まれたのかも、もう忘れた。

気がつけば、もう何百年も経っていた。


時々、何故自分はここにおるのかと、

問うときもある。


そんな時、

しつこく声をかけて来たのはそなただった。


「ネイラ」


あぁ、何故妾は守れなかったのだろう。

大好きなあの少年を……。


「ネイラ、約束だよ」


何故そなたは妾に助けを求めぬ?

妾はそんな約束より、

そなたを守りたかった。


考えても後悔ばかりが心を占める。


薄れていく意識の中、

返事がこない筈の問いを投げかけていた。




そして約三千年後、

再び運命の歯車が動きだす。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント