このページのリンクアドレス

エブリスタ
同じ釜飯を食った仲間(中編)。

小説 青春

タンメーの闘い

同じ釜飯を食った仲間(中編)。

青大将

(2)

軽井沢で何かが起こる。軽井沢で誰かが怒る。

完結

456ページ

更新:2016/12/10

説明

碓氷峠を越えた若者たちが見たものは…

タンメーの闘いシリーズ第五弾です。



コミック
『カンフー少女』
著者アキアキ様のお許しを頂戴した上で、本編にて同作品のキャラクターを使用させて頂いております。

コミック
『カンフー少女』
はこちら。

[リンク]

この作品のタグ

作品レビュー

響心
響心さん
【作品】タンメーの闘いについてのレビュー

ネタバレ

「こんばんわっ!お侍さんっ。
神崎 由奈です。
ガンマンvs侍
見させてもらいました。
強いですねぇ。さすがはお侍さん。
私でも勝てるかどうか……。

でも、私……。
お侍さんの弱点見つけちゃいました!
お侍さんと言えば、武士道とは死ぬことと見つけたり!!ですよねっ!
ので!私は銃を使わず、こんなの用意してみましたぁ!」

「………。
う?……仮装パーティじゃないの?おばさん。」

「死神コスの留奈ちゃんです!
存分に(萌え)死んじゃってくださいねっ!」

「う?………。
意味がわからない………。
私……どうすればいい?」

「それは、あの侍のおじさんに聞いてきなさい。」

「う?うん?
おぢさーん……。
私……どうしたらいい?」

「よっしゃ!
ダボダボの死神ローブに、少し泣きそうでうるうるな瞳の上目遣いに困った表情!!
留奈ちゃんコンボ!!
さぁ!お侍さん!!(萌え)死ぬわぁっ!!」

「うっ?
今日のおばさん……
変だよ。
どうしたらいい?おぢさん……」

「おっ!追撃に袖を掴んで哀願!
さすがは留奈ちゃん!!やるわねぇ!!!」

「うー……。ほんと……どうしょう……」

ガン対決を見て白熱しすぎると壊れる由奈であった。

もっと見る

2015/06/15 14:34
コメント(2)

青大将さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません