このページのリンクアドレス

エブリスタ
妄想ラヴァー

小説 恋愛

妄想ラヴァー

真中みこと

(2)

恋愛出来ないから妄想する。それの何が悪いって言うの。

完結

189ページ

更新:2018/05/19

説明

臼井祥子、24歳。


“幸が薄い”だなんて縁起でもない名前、両親もよく付けたものだ。
そして名前通りに幸が薄そうに育った私は、よくも悪くも地味で目立たない。
加えて、醤油よりも必要とされない女。


そんな私の唯一の楽しみは……


妄想。


妄想の中の恋は、全部上手くいって、傷付くこともないじゃない。
それの何が悪いって言うの。


2013年9月9日 連載開始

この素敵な表紙絵はな、な、なんとっ!!
『インフィニティデイズ』で大人気のじーこさん [リンク]に描いていただきました\(^-^)/
じーこさん、ありがとうございました!!

不器用な海東くんと里実ちゃんの甘酸っぱくて初々しい恋にキュンキュンします(≧▽≦)
まだ読んでない!という方は是非♪
インフィニティデイズ[リンク]

この作品のタグ

作品レビュー

真中みことさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません