このページのリンクアドレス

エブリスタ
イマジン

小説

イマジン

しぇり

(2)

母との約束

完結

19ページ

更新:2015/12/23

説明


 妄想コンテスト参加作品。

この作品のタグ

作品レビュー

中畑竜馬
中畑竜馬さん
【作品】イマジンについてのレビュー

ネタバレ

滅多に短編を読まないオイどんですが、タイトルの「イマジン」と「ジーンとくる短編」の紹介に惹かれて拝読したとです。

警部中畑が、「涙もろい竜馬が二日続けて号泣するんやなかろうか」と心配しとったらしい。

ばってん、取り越し苦労やったとよ。

途中、目頭が熱くなり、「もうダメばい」と思ったけど、何とか踏ん張った竜馬君。

さて、父を早くに亡くし母に世話になった竜馬。3年前に母が倒れ2度目の入院、家族と話し合い2年半前に仕事も辞め、関西から九州へUターンし再就職しました。

そんな小生ですけん、主人公に共鳴して号泣するだろうと思いきや、何とか踏み止まったのが不思議でした。

多分、この小説の持つ温かさがそうさせたんだと思います。

ほどよい上品さ、同じ題材で執筆しても固い描写となる小生とは異なり、ほのぼのした家族をさらっと折り込みながら全体の暖かい描写に感じ入りました。

きっと、このお父さんもお母さんも幸せだったと思います。定年後、木原婆さんのような方が住む農村に暮らせたんだから。

ジーンとくる話しながらも、ほのぼの感を味わい、「携帯小説って、やっぱいよかばい!」と、元気を貰ったとよ。

午後3時の休憩時間に拝読。読み終え、直ぐにもう一回、読み返していました。

いい作品に出会わせて頂き、有り難うございました。

もっと見る

2013/06/10 21:15
コメント(1)

しぇりさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント