このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

青龍伝~蓮華の花~

小説 ファンタジー

青龍伝~蓮華の花~

コハク

だから私はここに立つのである。 全ては国を守るために。

休載中

83ページ

更新:2013/08/04

説明

和風ファンタジー。
中2病です。すみません。
現代に生きる古(いにしえ)からの
力を持った人々が日本を守ろうとするお話。



ある日東京に突然表れた【鬼】

鬼を倒すために作られた
組織があった。
青龍軍
白夜軍
朱雀軍
玄武軍

4軍をまとめて四神軍と呼ぶその組織は
国の管理の元、ひっそりと活動していた。


だが予想外の鬼の出現により事態が一変する。

青龍軍の若き長(おさ)である亜季は
事態を収束するために
動き出すが―



亜季…青龍軍の長
本来男性しか持つはずのない力を持つ。
それには理由があった。
化物の子としての理由が…。


彼女と青龍軍を取り巻く
人々や鬼たちのお話。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント