このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

境界線(ボーダーコード)

小説

境界線(ボーダーコード)

榎木かほ

【境界守】それが彼女の生業で、生き様。

休載中

53ページ

更新:2015/06/19

説明

 
 ただ独り遺された。
 だからと云って、素直に死ぬわけにはいかない。
 

 変若返りという特殊な能力をもつ天女の末裔【祝巫(はふり)】の香炎は、かつて生肝信仰を盲信する狂信者の人間達に身内をすべて殺された。

 そして香炎自身もまた、各時代で長らくに亘って狙われ続けてきた。
 死に瀕した生活だった香炎は、人間を憎悪しながら現代の片隅で束の間の安息を生きていた。

 とある夏の夕暮れ、自宅敷地を囲う結界を叩き割って侵入してきた黒い天狐(きつね)との出逢いが香炎自身を大きく変えていく。

 果たして、香炎の心は熔けるのだろうか?

 これは、それぞれのドラマと境界線【ボーダーコード】の物語。



この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

榎木かほさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません