このページのリンクアドレス

エブリスタ
灰かぶり君

小説 BL

灰かぶり君

灰かぶり君

渡里あずま

(7)

【腐注意】シンデレラって、色々大変だったと思う。

完結

858ページ

更新:2017/09/09

説明

3/25、完結しました。

キャラ集&SS集はこちら[リンク]から(9/15、出灰の卒業式小話を更新しました)

表紙は、リンゴさん[リンク]に描いて頂きました。ありがとうございました!

キャライラストを描いて頂いた絵師様方[リンク]です、ありがとうございます!

※小説の文章量少なめ(ガラケーでほぼスクロールしないのが目安)です。苦手な方はご注意下さい。

谷出灰(たにいずりは)十六歳。平凡だが、職業(ケータイ小説家)はちょっと非凡(本人談)。
お嬢様学校でのガールズライフを書いていた彼だったがある日、担当から「次は王道学園物(βL)ね♪」と無茶振りされてしまう。

「出灰君は安心して、王道君を主人公にした王道学園物を書いてちょうだい!」
「……禿げる」

テンション低め(脳内ではお喋り)な主人公の運命はいかに?(腐注意)

※重複掲載作品※
エブリスタ版の方が、改行が多いです。

この作品のタグ

作品レビュー

渡里あずまさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント