このページのリンクアドレス

エブリスタ
天知るや 陽の御影

小説 ファンタジー

天知るや 陽の御影

日向あおい

古代ジャパネスクファンタジー

完結

226ページ

更新:2013/10/11

説明


「お前など生まれて来なければ良いものを」

幼い頃に恐怖を植え付けられた少女――日和(ひより)は、自分らしく生きたいと望むが、それは自分の命を危険にさらすことを意味した…。


「自分を殺して生き続けることは、生きているのではなく、死に続けているということだ!」


女神の如く美しい衣紗か、
限られた者にしか正体を明かさぬ豊津原の女王か。
彼らは今、どちらの女王を主に迎えるのか選択を迫られていた。

≪古代ジャパネスクファンタジー≫

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

日向あおいさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません