このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

俺の珈琲

小説

しゃぼん玉

俺の珈琲

芥川凡乃介V3

(1)

本物の男の切れ味

休載中

3ページ

更新:2013/09/14

説明

長渕剛と、日本じゅうのめぐみさんが奏でる、リズミカルな叙情詩。 魔法を使って、自分自身を癒すようなみっともない真似は、決していたしません。 本物の男ですから。芥川凡乃介は、本物の男ですから。

この作品のタグ

作品レビュー

芥川凡乃介V3
芥川凡乃介V3さん
【作品】しゃぼん玉についてのレビュー

ネタバレ

八咫烏(やたがらす、やたのからす)は、日本神 話で、神武東征の際に、高皇産霊尊によって神武天 皇の元に遣わされ、熊野国から大和国への道案内を したとされる烏である。一般的に三本足のカラスと して知られ古くよりその姿絵が伝わっている。 ?概要? ?

弓弦羽神社の八咫烏

熊野三山において烏はミサキ神(死霊が鎮められた もの。神使)として信仰されており、日本神話に登 場する八咫烏は単なる烏ではなく太陽の化身と考え られ、信仰に関連するものと考えられている。近 世以前によく起請文として使われていた熊野の牛玉 宝印(ごおうほういん)には烏が描かれている。

『新撰姓氏録』では、八咫烏は高皇産霊尊の曾孫で ある賀茂建角身命(かもたけつのみのみこと)の化 身であり、その後鴨県主(かものあがたぬし)の祖 となったとする。奈良県宇陀市榛原の八咫烏神社は 建角身命を祭神としている。

咫(あた)は長さの単位で、親指と人差指を広げた 長さ(約18センチメートル)のことであるが、ここ でいう八咫は単に「大きい」という意味である。

戦国時代には、紀伊国の雑賀衆を治めた鈴木家の家 紋・旗ともなっている。

もっと見る

2013/09/14 06:39
コメント(3)

芥川凡乃介V3さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント