このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

「猫に小判」の真実

小説 その他

「猫に小判」の真実

阿賀原 煉

「猫≦小判」なら「人≦??」は?

休載中

45ページ

更新:2014/04/28

説明

更新履歴
2013.9.15
公開


諺(ことわざ)とは?
鋭い諷刺や教訓・知識など含んだ、世代から世代へと言い伝えられてきた簡潔な言葉の事である。
(出典:Wikipedia)

日本人誰しもが、一度は聞いたことがあるであろう「猫に小判」という諺。
貴方はこんな疑問を持った事が無いだろうか?

「猫と小判じゃ分かりづらいじゃん、もっとマシな例えは無いの?」


ないんだな、それがw(AA略


しかし、この世の中というのは残酷で「言い出しっぺがやれよ!」と言われるのは必定の運命なのである。

しかし、それに名乗りを上げる者は誰もいなかった……。

そこにやってきたのは一人の゙匠゙、数年前゙゙早起きは三文の得゙を解明し、諺界に一筋の光を差し込んだ゙諺の伝導師゙、LORE。
この奇っ怪な諺をLOREはどのように解明いくのでしょうか(ビフォーアフター的な意味で


前作的なモノ→[リンク]

※誤字脱字等は完結後に修正致します。

※正確な検証ではありません、御遊び半分にお付き合い下さいませ。



この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

阿賀原 煉さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません