このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

第1話

小説 ミステリー・推理

刑法★TheEnd

第1話

大和丈一郎

(2)

休載中

4ページ

更新:2013/09/15

説明

説明文がありません

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

芥川虎之介
芥川虎之介さん
【作品】刑法★TheEndについてのレビュー

ネタバレ

ネットいじめは匿名性があるため、通常のいじめの ように相手との物理的な力関係が軽視され、その意 味が薄れる。(旧来のいじめでは加害者側になると思 われた「人気者」や「不良」もネットいじめの被害 者になりえる)。そのため、低い罪悪感でおもしろ半 分に加勢しエンターテイメント化する特徴を持 つ [1] 。また、ネットは監視に欠け、いじめが横行し やすい。直接的な対面がないため、相手の気持ちが 通常のいじめ以上にわかりにくいという特性を持 つ。悪質なケースでは、標的を誹謗中傷するだけで なく、標的を特定して個人情報をネット上のあちら こちらにばら撒き [2] 、さらにはネットの世界を飛び 出して自宅や職場に直接嫌がらせする場合まであ る。

学校や職場における通常のいじめならば、登校拒 否をしたり転職したりすることによって直接的な被 害から逃れることができる。しかし、ネットいじめ の場合はインターネットがこの世に存在し続ける限 り、そのような退避手段がないどころか、エスカ レートしやすい。また、検索エンジンで個人名での 検索結果にネットいじめが現れる場合、転校先でも いじめにあったり、転職活動で不利になったりする というケースも存在する(採用側は応募者の氏名で 検索して、どのような人物であるか確かめようとす る)。 [要出典] ネットいじめはインターネットという ネットワークを通して広範囲にいじめが広がる可能 性がある。

もっと見る

2013/09/16 14:33
コメント(1)

大和丈一郎さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント