このページのリンクアドレス

エブリスタ
刹那との邂逅―セツナトノカイコウ―【完】

小説 恋愛 純愛

刹那との邂逅―セツナトノカイコウ―

刹那との邂逅―セツナトノカイコウ―【完】

桜倉ちひろ

(7)

―『一瞬』なんて、何の意味もないと思っていた。―

完結

43ページ

更新:2013/11/17

説明

 『アナタの今日を買わせてください』



 札束の入った封筒を握りしめて現れた少女に、蓮(れん)は戸惑った。


 彼女の求めているモノが、何かが全く分からない。


 ただ、俺の傍に居るだけで欲しいものはないという。


 そんなことで、彼女に得るものはあるのだろうか?


 彼女は一体……



 ――『一瞬』に、意味なんてない



 彼女に出会うまで、俺はそう思っていた。




 【永遠に触れたくて[リンク]】に出てきた、とある人物にスポットを当てた作品になりますが、一切話はリンクしておりません。


 こちらのみ読んで頂いて差し支えありませんので、良ければ覗いてやってください。



 2013.9.15 執筆開始
 2013.9.25 完結
 2013.10.1 公開
 

 表紙イラストを飾ってくれたのは、いつもお世話になっているNeneちゃんです。

 原画はこちら→[リンク]
 本当に素敵なので、特に読後にしっかり眺めてみてほしいです!!

この作品のタグ

作品レビュー

桜倉ちひろさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント