このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

永劫のアルカディア

小説 ファンタジー

永劫のアルカディア

相真 灯

ヒトは其処を、アルカディアと呼ぶ。

休載中

19ページ

更新:2013/09/26

説明




蒼の惑星、地球。




生命の星、地球――。




その美しい姿と、様々な種類の生物が暮らしている様から、あの星は昔そう呼ばれていたらしい。

そして、宇宙でも極稀な、高水準な頭脳とコミュニケーション能力を持った生物が産まれた世界でもある。



ニンゲンだ。



ニンゲンたちは瞬く間に進化。

圧倒的な知識と学習能力で、実質地球の覇権を握るまで時間はかからなかった。

当然他の生物たちは生きる場所を削られ、奪われ、食物連鎖とは関係なく処理されていく。

しかし、ニンゲンの横暴はそれだけには止まらない。

彼らニンゲンの中には野望、野心を持つものが多く、特に世界中が注目した分野があったのだ。

宇宙と、人外。それらの欲を同時に満たす術。

それが、後に『ジュバル計画』と呼ばれることになる研究。

その全容は、研究者なら誰もが知っていた。




ニンゲンとそれ以外を掛け合わせた生物を作り、実験台として別惑星に送り込む、ということを。




人間歴3666年、物語は動き出す。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

相真 灯さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません