このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は半年以上更新されていません。

せつげつか 第弐章

小説 ファンタジー

unknown HERO

せつげつか 第弐章

白銀紗

「死ぬつもりはありませんよ。―…けど、友達を死なせるつもりもありません」

休載中

106ページ

更新:2018/02/04

説明

 




人ならざるもの―…「妖」。

大昔から、人に災厄を招くものとして忌み嫌われていたモノ。


しかし、それは普通の人間には視えない。
時代が進むにつれて人々は妖の存在を架空のものとし、信じる者は少なくなっていった。




…だが、反対に視える人間も存在した。

その人間は妖たちにとっては邪魔な存在でもあり…、美味でもある。





そして視える人間は己を守る為に妖を滅する力を身につけ、やがてそれは人々を護る力として受け継がれてきた。



守護人、陰陽師、祓い人。

呼ばれや形は違えど、彼らは決して表には立たず、"裏"の世界から人々を護る為に…今も戦っている。




これはある一人の祓い屋、――御坂結季の、物語。







――――――――――――――



「せつげつか 第壱章」[リンク]の続きです。



表紙イラストは紫苑様に描いていただきました[リンク]

紫苑さま、本当にありがとうございます<(_ _*)>



 

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

白銀紗さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません