このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

忍者~しのぶもの~

小説 歴史・時代

忍者~しのぶもの~

忍者~しのぶもの~

しゃけ

(1)

闇は人を覆うのか、それとも浮き上がらせるのか。

休載中

21ページ

更新:2013/11/20

説明

江戸時代初期

全てを捨て、あるものを取り戻そうした者がいた。


全てを捨て、あるものを守ろうとした者がいた。





闇に覆われるのは、
闇に浮き上がるのは、



どちらーー?

この作品のタグ

作品レビュー

ルピア
ルピアさん
【作品】忍者~しのぶもの~についてのレビュー

ネタバレ

イベントへの参加ありがとうございました!

更新ページまで読んだので、レビューさせていただきますね(*´∀`)♪

まずはじめに物語の内容は面白いものでした。
特に回想シーンなどはしっかりしていて良かったです( 〃▽〃)★
これからの続きに期待ができます!

次に気になった点やアトバイスです。

物語のはじめや、場面が変わった時などの場景(その場の光景)をしっかりと書いた方が、より物語に入り込めると思います。

はじめの逃げている場面でも、例えば、これは所々関係ない例になりますが……

【月明かりが頼りだけの闇夜、一人の少女が京の町を走っていた。
大切そうにある物を抱えながら、息を切らし、追っての手から逃れるように走り続けている。
──────少女の名はお清…】

みたいな感じなど。

そこはどんな場所なのか、朝か夜か、辺りの雰囲気などなど…それらを加えて書くことをおすすめします。

次に、キャラのことについてです。

今の時点で登場したキャラは、どれも魅力的でいいと思います!

ただ、書いていく上では、初登場のキャラの特徴を書いていく方が、読者がキャラを思い浮かべやすくて良いと思います。

例えば…

【腰まである滑らかな黒い髪に、切れ長で黒曜石のような瞳の女。そして女が身に纏う着物は赤を基調としたもので、金色の刺繍がほどこされている】

など。

それにより、キャラがより一層生き生きとしますし、どんな雰囲気のキャラなのかよく分かります。


物語を書いていく上で、どれにでも当てはまりますが、比喩や直喩を用いることも効果的です。

最後になりましたが、どんな世界なのかどんな場所なのか、どんなキャラなのかは、例え自分自身が十分に分かっていても

読者側としては、それをいちいち伝えてもらわなければ分かりません。

長くなってしまいましたが、これらを取り入れるか否かは、作者様にお任せします。

あくまで私個人の意見ですので…(^^)

これからも更新頑張ってくださいね!




もっと見る

2013/11/25 19:09
コメント(1)

しゃけさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント