このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は半年以上更新されていません。

Return of Bulk(2) 不屈の駿雄

小説 青春

Return of bulk

Return of Bulk(2) 不屈の駿雄

メイショウハヤオウ

(16)

完結しました。3巻へどうぞ

休載中

1214ページ

更新:2017/12/27

説明



最新巻(3巻・Return of Bulk英雄の系譜)はこちらです。[リンク]二話は完結しております。








※これは第二話です。初見の方は一話からお読みください

リターンオブバルク無垢なる疾走[リンク]



ただしめんどくさけりゃこっち先に読んでも構いません。前編は大半競馬と関係がないので興味湧いたらあとで読んでください。って、こんなていたらくでええんか





『ダービー馬の馬主になることは、一国の宰相になるよりも難しい。』


チャーチル




地方競馬所属馬が未だかつて成し得ない《中央クラシックG1制覇》。


門別ホッカイドウ競馬に、それに挑んだ一頭の馬がいた。


彼の名は、コスモバルク。


惜しくもクラシック制覇は成らなかったが、


彼は、海外G1制覇という輝かしい戦績を持って引退した。


そして、その数年後。


ある小さい牧場に、その馬の血を継ぐサラブレッドが誕生する。


そいつはいろんな意味で奇跡の存在となる。



いずれ競争馬になるであろうその馬と、それを取り巻く人間関係を描いた

いろんな要素を混ぜ混みすぎて純粋に競馬小説とは言いがたいが

ファンタジックな愛とロマンの競馬物語。

この作品のタグ

作品レビュー

彩葉
彩葉さん
【作品】Return of bulkについてのレビュー

ネタバレ

こちらは2話になりますので、興味を持った方は、まず1話から読むことをお勧めします。

存在は知っていたけど、競馬小説なんてわかるのだろうか、としり込みしていたのですが、知らないからこそ読んでみようと思い、読み始めたお話です。
結構丁寧に解説されているので、競馬がわからなくても読めますし、競馬以外の要素を取り入れることで、競馬初心者の人間でも読みやすいお話になっています。

キャラクターも個性的で、とてもおもしろいです。
そこはまたショウさんのボキャブラリーの多さでしょうか。
引き出しの多い方だと思います。
ネタ的な表現が分かるとくすりとなれる部分も。
(わからないものもあるんですが、それを含めてもおもしろいですよ)

興味があるけどわかるかな、という方にもお勧めできる作品です。
私という前例もありますしね?

ここからは作品の内容に絡んだ話になります。

私は前作から、秀馬さんがお気に入りで、大好きでした。
そして、秀馬さんと一緒にいる桜花さんも大好き。
幸せになってもらいたいなあと思っていたら、こちらではまさかの展開になっていて驚きましたが。
秀馬さんの苦悩シーンが見れたので、それはそれでよかったかなと。
苦悩シーン素敵でした。感情を表に出さない彼だからこそ、味のあるシーンになったのでしょうね。
早く二人が一緒にいられるようになって、桜花さんのハイテンションが返ってくるといいなあと心から思っています。

そして、馬ですね。
今までは好きな馬いなかったんですが、こちらの話になってからお気に入りができました。
ウエストフェリアです。もう大好きです。
応援しているんですが、どこまで伸びるんでしょうか。
スロースターターっぽいところもいい。だけど、だんだん力をつけて追っていけるっていうのが私の中でツボ過ぎました。
そして、何より秀馬さんの馬ですから、できないわけがないと思います。

ワールドクロックス、ザラスシュトラ、ミツアキインパクトのときのように、ファイアボルト、リターンオブバルク、ウエストフェリア三つ巴の対決がけん引していくようになるのかな。
そこに、ミカサも絡んでいけば、きっとますますおもしろくなる。そう期待しています。

ウエストフェリアとウェストフェリアの両方の表記がありましたが、直近の更新がウエストフェリアだった気がしたので、そちらで書かせてもらいました。

もっと見る

2015/12/23 06:25
コメント(13)

メイショウハヤオウさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません