このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

警報 -岸田 相司-

小説 ホラー・オカルト

警報 -岸田 相司-

Gan

「気がつけば、恐怖の狭間。」

休載中

12ページ

更新:2014/02/27

説明

 
友人に誘われ、廃村に向かった大学生、
「岸田 相司(きしだ そうじ)」。
彼が目にしたのは、廃れた筈の村に居た、歩く心臓の無い死体だった。

村で行われていた謎の儀式、
「心狩(こころがり)」、

白い衣に身を包んだ少女、
「亜夜芽(あやめ)」を中心に廻る輪廻の果て、

相司を取り囲んだのは、過酷で残酷な真実だった。

そのとき、村に「警報」が鳴り響く――――



注意
当作品には暴力やグロテスク表現がございます。
上記が苦手な方は当作品を閲覧しませんようお願いします。
また、当作品を読み気分を害された場合でも、全て自己責任だと了承したうえでお読みください。

作者は小説家を目指している訳ではありません。
誹謗中傷はお止めください。
マナーを守っての閲覧をお願いします。
感想は、出来れば当作品を気に入って頂けた方のみお願いしたいです。
「つまらない」や「下手くそ」と書かれてしまうと作者のメンタルが持ちませんので…
誤字脱字がございましたらひっそりとお教えください。
 

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

Ganさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません