このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

人形劇~白雪の姫~

小説 経済・社会・政治

人形劇~白雪の姫~

NnNn

(6)

サークル:へいわしゅぎどうめい『冬ふぇす』参加作品

休載中

13ページ

更新:2014/02/19

説明

絵師様
碧海橙空さん[リンク]

『冬ふぇす』参加作品

※ジャンル迷子
書出のみ公開中(完結:10Pは20日頃を予定してます。)

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

電動星屑。
電動星屑。さん
【作品】人形劇~白雪の姫~についてのレビュー

ネタバレ

とても考えさせられる物語でした。
家族愛や恋愛、売春について多方面から書き上げられています。また文章も遊び心のある工夫されたもので、読んでいて楽しかったです。


気になったのは説明口調であることと一面的で薄く見えること。


この内容をページ数制限内におさめるのは大変ですので、ある程度説明っぽくなってしまうのは致し方ないけども、もったいない感じがしました。


一面的なのは、彼女の独白が「私って可哀想、でも頑張って生きる」にとどまっているからだと思います。プライドの高い父が母に手をあげるまで堕落したことに対する彼自身のやるせなさ、母が自分の娘や夫を愛せず捨てるにまで至る激しい葛藤。


彼等も必死だったのであって、23歳にもなれば、許すことはできずとも両親を理解はできると思います。


さらに父が女性を連れ込むことを嫌悪していたにもかかわらず、主人公もそんな女性になる、否、ならざるをえないジレンマ。自傷行為を繰り返す女性を愛してしまった男性の心。


これらが主人公の独白にちらっと見えると、もっと深みが出るのかなぁと思いました。


面白かったです。
何処か壊れたような歪んだ物語は大好物なので美味しく頂きました!!
さすがヌンヌンさん♪


お疲れ様でしたヽ(´▽`)/

もっと見る

2014/01/05 18:10
コメント

NnNnさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント