このページのリンクアドレス

エブリスタ
アカデミア-3- 『thread』中編

小説

『アカデミア』シリーズ

アカデミア-3- 『thread』中編

ぴえ

非現実・凡日常の中で――

完結

335ページ

更新:2017/03/06

説明

あぁ、LCアカデミーで一応教員をしているティオルラ・ターンナイトだ。

まさか、この後に及んで此処での学園紹介を期待しているわけではないだろうな?
そんな奴は三回廻って獣のように鳴いた後に、更に回れ右だ。
引き返せ。

ここから先にあるのは、こちらの世界での日常だ。
そして、正に『大切なもの』を取り戻す最中だ。

それでも覗くなら……一つ聞きたいことがある。

もし貴様が何かに向かって進むとき、巨大な邪魔が現れたらどうする?

逃げるか?
それも正解だ。そこで退くことが出来るなら、それは間違いでは無い。

戦うか?
それも正解だ。そこに勝算が無かったとしても、お前はその道を選べるなら間違いでは無い。

どの選択も必ず痛みは存在する。
問題はその痛みを受け入れられるのか、だ。

人は選択をする時に、自然と痛みの少ない選択をする。
そして、自分の痛みならば耐えられても、他人が起因となる自分が受ける痛みは耐えられない。

さて……この中にいる奴等は、どれだけ『友達』という『他人』の為に痛みを受け入れることが出来るかな?
そして、今このページを捲る貴様は、同じ境遇で、同じ痛みに耐えられるか?
そんな風に重ねてみるのも楽しいかもしれないな。

第三者という『他人』かつ『安全地帯』で鼻で笑いながら見学するのも一興だ。

無駄話が過ぎたな。
何度も言うが、此処から先にあるのは生徒達の日常の一部だ。
貴様から見て特別に見えても、この世界では日常だ。
面白いものや、感動したいなら他を当たれ。
そんなものを求める者が、此処から先に進むのは時間の無駄だ。

ん、作者?
こんな悪趣味な話を書く存在を気にかける必要は無い。


前編はこっちだ [リンク]
後編はこっちだ [リンク]

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ぴえさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません