このページのリンクアドレス

エブリスタ
劇團セイレヱン

小説 詩・童話・絵本

劇團セイレヱン

劇團セイレヱン

みなみ更紗

(3)

自然美にイノグラニクを添えて。 夢想的詩集

完結

76ページ

更新:2018/01/01

説明

私は歌う

光を  闇を  空を  海を

そして

素敵なあなたを

-------------------

詩は私の創作活動の原点になったものです。

私が初めて行った創作が詩でした。


ここには皆様のキャラクターに捧げた詩や、心に浮かんだ言葉を書き綴っていきたいと思います。

現代J-POP風のものから、ゴシックテイスト、自然を題材にしたものまでいろいろ書いています。


まとまっていない詩ですが、読んでくださる方ありがとうございます(*´▽`*)

この作品のタグ

作品レビュー

咲桜
咲桜さん
【作品】みなみのくにに吹く風についてのレビュー

ネタバレ


こんばんは!
お知らせありがとうございます(#^^#
早速読ませて頂きました!

まず最初に、白とポッポさんをしたイメージした詩を書いて頂き、本当にありがとうございます!
みなみ 更紗さんの思う源平が尊すぎて、源平合戦なんて大そうな名前で交流イベントを開いている主催としてはとても勉強になります(#^^#)

「君に出逢い、初めて知る温もり~~」の文章が一番印象に残りました!
両親も早くに亡くして、友達もまだただの人形でしかなかったポッポさんしかいなくて、祖父母が世界の全てだった白にとって、この一文が一番当てはまるなぁって。
ポッポさんが人間になって、ようやく生きる道を見つけたんだろうって改めて考えました。

後半の「さぁ、歌いましょう」からの詩は源平のイメージが強く残りました(#^^#)
源氏も平氏もお互いがいて初めて存在理由が生まれて、あの時あの場で終われなかった残滓である故に、互いに自身の終わりを見つめるような執念のような、虚しさのようなものも感じました。
みなみ 更紗さんが仰ったように諸行無常が美しい源平の終わりであったのなら、終われなかった現・源平は目の前のお互いでしか自身に対する理由を成り立たせる事は出来ず、歴史が続く限りきっと戦っていくのかなぁって。

「名のみぞ知り意味を知らぬ~」の三文は下の文に言葉を掛けて、守り続けた先にあるものを実は知っているけど、それは意味さえも知らず、どんな形さえ分からないのに、夜鷹の輪唱(見えないものから囁かれる)、そして、強者共が武勇(先人達の執念)が自身を誘っていると感じて、すっごく面白かったです!

「いざよう」はあえて平仮名で書いてあるから、“猶予う”と読んで、違う意味で捉えてみる事も出来て、違う発想も浮かんで、色んな意味合いがとれるなって思いました!

言葉の選択がとても色鮮やかで、一つの言葉から多数の光景が浮かび、読んでてとても楽しかったです(≧▽≦)


白とポッポさのエピソードの一つも好きだと言って頂けて本当に嬉しかったです!

エルさんみたいに優しいみなみ 更紗さんに褒められると、心がポカポカ致しますわぁ( *´艸`)

この度は本当にありがとうございました!

感謝してもしきれませんっ。


私もいつまでも、ネズくんたちを応援しております!(*'ω'*)


もっと見る

2017/02/13 03:11
コメント(3)
晝間せりあ@TearsWish第弐幕始動
晝間せりあ@TearsWish第弐幕始動さん
【作品】劇團セイレヱンについてのレビュー

2017-01-11追記あり

更紗様の言葉遣い、言葉選びが存分に発揮された作品集です。我がTearswishの主人公に向けて、素敵な詩をありがとうございます。
ポエムって、中には恥ずかしいクスクスって方がいるけれど、私は凄いなって思います。
短い言葉に作品を詰めて、伝える言葉を選ぶ……なのに広がる世界観。アーチに絡む薔薇みたいです。

ロッジの詩を見た時、所々ドキッとしました。
物語の先を見透かされているような言葉遣いが多々ありまして……うおお、凄い(語彙力無し)
ひょっとして、あなたはルウリア(我が世界観を作る運命の神様の名)ですか?

こうして私をはじめ沢山の方がこの劇団に虜となるのですね!
私年パス買って劇場へ行きます!

Tearswishを手に取って頂いております皆様、これが美しいロッジです。私の描くヘタレ部分は完璧にないので是非とも目を通して下さい。

他の方の作品も気になってきちゃいます!
確かに、エブはゴシックな感じのもの、少ないですね。
私自身は更紗様の世界観お勉強させていただいております。
これからも、互いが持つゴシック感を共有しつつ切磋琢磨してゆければ良いなって思います♪

★×5なんて少ない、★×∞です!

どうぞ、改めまして宜しく御願い致します!

リントの月11番追記
『更紗ちゃん、いつもウチのがお世話に成っているネ。
フフ……ボクの誕生日、覚えていてくれてアリガト。今日はね、ちゃんとセリアも憶えていたんダヨ……この前の失態があるからね。
とっても良い唄ダネ……縁神威大國を思い出す、とても綺麗な言葉遣い。
ちょっと、朝日を拝んだ日を思い出したヨ。
ボク達でも見ることが出来るお天道様と違った紅い光……美しかったなぁ。
あ、それ以前に死ぬ程痛かったケド…違うか死にかけたんだ。
…更紗ちゃんはいつでもあれを見ることが出来るんだね。羨ましいナァ

また詩歌と言うチョイスがとてもイイネ。
ボク達はヴァンパイアだからネ、形有るものを頂いても朽ちてしまう……でも、言葉や想いは朽ちないから。
今日頂いた想いと言葉、ずっと大事にするネ
御礼に、今日はセリアに我儘を言って……キミが言う着物を揃えて貰おうかねぇ……うんと高いヤツ(クス)』

エギュイーユ・ブラッディレイン・マッドロードより 心を込めて

もっと見る

2017/01/11 07:51
コメント(2)

みなみ更紗さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません