このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

桜舞い散る頃 ~鬼姫伝説~ 第2話

小説 恋愛

桜舞い散る頃 ~鬼姫伝説~

桜舞い散る頃 ~鬼姫伝説~ 第2話

八雲 遊

欲しいものはすべて手に入れた。怖いものはない。今までは、そう思ってた・・・

休載中

35ページ

更新:2014/01/15

第1 - 3話 無料

説明

江戸中期、その器量と頭のよさ、秀逸した絵のセンスで地位も名誉も手に入れた絵師がいた。
欲しいものはすべて手に入り、怖いものなど何もないと思っていた。

あるとき彼は、「鬼姫伝説」という話を聞く。
桜鬼山(おうきざん)という山の月に届く高さにこの世のものとは思えないほど美しい鬼姫がいるという。
その鬼姫の心をつかんだものは永遠の命を与えられるという話で、何人もの男たちはその美しさを自分のものにしたいと、その山の上を目指したが、途中、魑魅魍魎によって二度と帰ってくるものはいないという。彼はその姫を手に入れたいと思いたち、その山を目指す。
そこで、失うことの怖さ、愛することの意味を初めて知ることになる・・・。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

八雲 遊さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント