このページのリンクアドレス

エブリスタ
もう一つの世界の日常

小説

もう一つの世界の日常

白鳥 亜里沙

とある世界の日常

連載中

10ページ

更新:2018/08/29

説明

笑いあり。

恋あり

涙あり

シリアスあり?!

ミステリーやファンタジーも取り込みます!

ええ。

よくばりです。だって、全部やりたいんですもん。

そんな作者が贈る物語。

普通の日常とはちょっと違う、別の世界の日常を覗いてみませんか?

読み終わる頃にはきっと、もう。

この世界の住人かもしれません。

この作品のタグ

作品レビュー

ばきゅーむ
ばきゅーむさん
【作品】もう一つの世界の日常についてのレビュー

ネタバレ

宣伝からきました。
レビューというか、コメントをさせていただきます。

地球の遥か彼方のとある惑星が舞台なのは、いい設定だと思いました。王道ファンタジーやSFの匂いを感じさせます。

その星の住人が地球人と同じような生活を送っているというのも、新鮮で良かったですよ!

ただ、心情描写の移り変わりが激しく、登場人物がどうしてこう思ったのかが分かりにくいと思いました。極秘事項をなぜ話したとか。

あと場面を変えるときは符号などを入れて、前の文章との差別化を謀るといいですよ(1,2とか)。いきなり変わると「何が起こったし」と思われかねません。

あと、誤字?がありました。
P7
「近くのコンビニにして行ったでしょう?!」
→「近くのコンビニにしてって言ったでしょう?!」

同じくp7
これなら、恵怜が人間不信に陥る~
→残念だ。これで、恵怜が人間不信に陥る~
※「これなら」のあとは大抵、肯定的な意見がくることが多いので、多分こちらの方が良いかと。
例「これならできる!」
「奴に隙ができた。これなら……!」

これらのことを全部鵜呑みにする必要はありませんが、一読者としてこう思いました。

長文失礼しました。

もっと見る

2014/03/15 10:52
コメント

白鳥 亜里沙さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント