このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

第13話

小説 恋愛

十六夜高校 心霊事件簿 Ⅱ ~彷徨う夏~

第13話

八雲 遊

二年前の夏、月夜の海の底に沈んだ彼女を、忘れることができない。

休載中

35ページ

更新:2014/01/15

40枚

説明

十六夜高校、生徒会室。

別名¨心霊対策室¨。

この高校のどこかには、大きな怨霊が潜んでいる。
正体はいまだにつかめないが、その怨霊による心霊現象が学校を危険にさらしている。
生徒会長、桐生 蓮(きりゅう れん)を筆頭に、生徒会役員が真相を暴く。

2年前の夏、池端冬真(いけはたとうま)は絶望の淵にいた。
¨死¨を決意した時、同じ想いを持つ彼女と出会う。

絶望の淵で、彼女は一緒に海に沈んでくれると言った。

絶望の淵で、蓮は死んじゃいけないと言って、俺のために泣いて怒った。
そして、最悪な今を、乗り越えろと言った。

どっちが正しかったんだろうか。
俺は、二年経った今も、生きている。

十六夜高校心霊事件簿シリーズ 第二弾!!

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

八雲 遊さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント