このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は半年以上更新されていません。

歪んだ部活、やってます!

小説

歪んだ部活、やってます!

ZAMIAN

地獄をも超越する苦しみをその身に刻め!〝黒焔煉獄〟こんな罰ゲームどうですか?

休載中

3ページ

更新:2017/06/11

説明

木崎 燈哉(きざき とうや)は独りこう思う……。


――学生生活のイベントって大抵打ち上げついてくるよね。……あれなんなの? ねぇ? 打ち上げの意味わかってる? ねぇ?


彼は理論主義者で損得勘定で動く極めて感受性、共感性に欠ける男子高校生であった。


そんな彼には中学校時代、理論という概念を歪曲させすぎた結果、突如現れた人語を話し、理解できる黒猫によって厨二病という病を発症してしまった。今では完治したものの、払拭できない過去は彼の最大の黒歴史である。


そんな痛い黒歴史をディベート部部長──奏桐 いろは(かなきり いろは)に知られてしまう。弱みを握られた燈哉はいろはによって強制的にディベート部へと入部させられる羽目に。


そして、ディベート部の裏側は条件次第でどんな依頼も請け負う、通称〝ディストートサービス(歪んだ奉仕)〟と呼ばれるグループであった。


そして、厨二病の元凶である謎の黒猫が二年ぶりに燈哉の前に出現した意味とは……?


ドタバタ痛快! 読んだら後悔するコメディ? 是非とも読んでいただきたいです!
○●○●○●○●○●○●○●○



執筆日 2014 3/24

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ZAMIANさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません