このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

Lone wolf

小説 SF

Lone wolf

(黒)胡麻塩

(34)

憎悪は連鎖し、狂気を産み落とした。真実に牙を突き立てろ。

休載中

464ページ

更新:2016/03/22

説明

☆☆灰薔薇さまのエッセイにご紹介頂きました!☆☆
[リンク]

★★SF特集に掲載されました★★
[リンク]

☆☆妄想(母)さまのエッセイにご紹介頂きました☆☆
[リンク]

★★テトラポットさまのエッセイにご紹介頂きました★★
[リンク]


2028年。雪深いトムラウシ山で猟を生業としている吉村 零は、ある日猟の最中に凍死寸前の男を拾う。非常に奇妙な格好で、餓えた狼のような眼をした男だった。そして、明治十六年。北海道に赴任してきた一人の警官が吹雪の中で姿を消した。彼の名前は藤田五郎。元新撰組3番隊組長、斎藤一であった。

時代に取り残された孤独な狼たちは、深い闇の中でもがき続ける。その先にあるは絶望か、希望か。

新撰組の斎藤一にハマり、それから始めたような小説です。
巷の逆トリップに自分の好きな物をぶちこんだらどうなるかなと思った自己満です。史実と異なる設定等多少あります。ご了承ください。廃刀令だけどなんで刀?とかは御都合主義です。ごめんなそい。

拙い文章力なので、ちょくちょく修正が入ると思います。すいません。

なろうにも移行中です。

この作品のタグ

作品レビュー

芒(すすき)
芒(すすき)さん
【作品】Lone wolfについてのレビュー

ネタバレ

どうも~芒(すすき)ですヽ(*゚∀゚)ノ レビュー処から失礼します!

大変、大変遅くなりましたがレビューにお伺いしました~(..)一年以上(笑)


早速ですが、以下芒の個人的な思い↓↓↓


キャラクターについて、出現するキャラクターの速度がゆっくりで、最近の携帯小説のようにドバッと出てこないのがいいですね。覚えやすいです。個性もしっかりあり、誰が誰か分からなくなることもありませんでした。

設定について、壮大です。序盤から、過去(歴史)、世界を巻き込む物語を感じさせます。全体的にどちらかというと暗い雰囲気ですね。軽くなく重い小説でした。展開はどこか海外製な印象です。外国の方が書いた小説を読んでいるイメージをもちました。文に力を感じました。物語の印象と合った地の文で見た人を引き込むと思います。地の文とセリフの割合が丁度いいですね。視点の切り替わりについては省きます。


感想

じっくり読む小説でした。軽く手を出すと挫折するかもしれません。セリフと地の文が丁度よく、読みやすかったです。意味不明な部分もなく、気持ち良く読めました。壮大な小説で展開が気になり先へ先へとページをめくりやすかったです。

何度もレビューを書こうと読んでいたのですが、結構濃厚な小説だったので30ページ/回ぐらいで挫折していました。読む時間が取れずすみません!
さらに、時間が掛かってしまいそうで全て読めていません! 重ねて申し訳ありません。

全て読んでもいないレビューすみませんでした~!

もっと見る

2016/03/07 14:05
コメント(1)
LALA
LALAさん
【作品】Lone wolfについてのレビュー

ネタバレ

こんにちは、LALAです!
イベント参加ありがとうございます!

全ページ閲覧させていただきました
恐れ多いですが、誠心誠意を尽くしてレビューさせていただきます(^-^ゞ

ハードボイルド大好きなので、楽しく読み進めていきました!
正直、携帯小説では勿体ない作品だと思います
個人的に書籍でドッシリと読みたいですね(^^)

プロ作家顔負けの文章力、描写、構成など素晴らしいです

ただ、いかんせん携帯小説だということが足を引っ張ってます。
携帯小説では「読みやすさ」も大切です

ページを開いた時に画面が文字でいっぱいだと、少し見づらく息が詰まるような感じがします(読み応えはあるのですが……)

もう少し改行のスペースを開けるとスッキリして良いかもしれません

あと、地の文の最後が「~た」「~だった」で終わることが多く見受けられます。
これらを使うのが悪い訳ではありませんが、さすがに三回以上も「~た」「~だった」で一文を締めるのはリズムが悪く、率直に言ってしまうと作文のようになってしまいます。

56ページはほぼ「~た」で終わっています。

あとは視点変更ですね
視点を変えるのは良いですが、視点が変わったことを示す記号や空白を入れると読み手にも分かりやすいです

序盤の辺りは三人称と一人称がゴッチャになっているように感じて印象が悪かったのですが、中盤辺りからはキチンと三人称になっていて、そこからは好意的に読めました!

最後に指摘を……

15ページ、地の文でありながら最後に藤田ではなく斎藤になっています
今まで藤田だったので、ここも藤田に統一するといいかもしれません

41ページ、「大型犬を犬を連れて」とありますが「犬」を2回も繰り返してます


長くなりましたが、総評としてはたいへん面白くハイレベルな作品です!

私も勉強になりました、これからも更新頑張って下さい!

もっと見る

2015/05/19 16:11
コメント(3)
蒼天の霹靂
蒼天の霹靂さん
【作品】Lone wolfについてのレビュー

ネタバレ

サークル参加ありがとうございますヽ(*´∀`)ノ
早速レビューさせて頂きますね!


......と言っておいてこんなこと言うのもアレですが、本当に私なんかがレビューしても良いのでしょうか?


ただただ凄い。それしか思いつかないのが本音です。


物語の構成や設定もさる事ながら、キャラの心理描写や個性、背景描写、戦闘シーン、そのどれもがハイレベルに仕上げられていると思います。


何より、ここまで読みやすい小説、今まであっただろうか?と、感じております。


時折挟むブラックジョークと、センスのあり過ぎる文章構成。


何よりも改行の使い方、句読点の挟み方、台詞部分と描写部分のバランス等、携帯小説だからこそ気を付けなければいけない細かい部分をしっかりと抑え、しっかりと創り上げている。


同じ書き手として尊敬を通り越して、嫉妬すら覚えてしまいます。


久々に作品に引き込まれてしまいました。とても素晴らしい作品です。


これからも応援もとい、勉強させて下さい。


因みに全部読ませて頂きましたが、私の中で一番好きなキャラクターはライです。ホント可愛い。

もっと見る

2015/04/06 23:26
コメント(1)

(黒)胡麻塩さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント