このページのリンクアドレス

エブリスタ
寒がりの銅像

小説 ミステリー

謎解きは便所飯の後で

寒がりの銅像

白樺香澄

(1)

「トイレの怪談」は本当なのか?新聞部長が見たのは恐怖の……便所飯少女だった!

完結

38ページ

更新:2014/01/19

無料

説明

学校の怪談になぞらえたような不思議な事件を追う、新聞部長の亜也。「トイレの怪談」の取材でやってきた旧校舎の女子トイレの個室で彼女が見たのは、お化けではなく便所飯なうの女の子だった!そしてこの便所飯少女、実はかなりの名探偵で……。
「安楽椅子探偵」というジャンルのミステリは数あれど、「洋式便座探偵」は本邦初!のはず!

「ノベリスタ大賞」応募作のため期間中は図書券設定となっていますが、8割方立ち読み出来るようになってますのでぜひぜひ遊びに来てください♪

この作品のタグ

作品レビュー

白樺香澄さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント