このページのリンクアドレス

エブリスタ
青と赤のキャンパスノート 春

小説 ミステリー・推理

青と赤のキャンパスノート

青と赤のキャンパスノート 春

折房伝馬

(1)

春 新たに大学生となった京助はなぜか殺人事件を捜査する羽目になってしまう

完結

115ページ

更新:2015/03/20

説明

双子の姉妹桜井茜と桜井葵、初瀬川京助は彼女たちと出会ったために殺人事件の捜査をする羽目に陥る。

公開開始:2014年2月1日
誤字修正:2014年4月23日
文章修正:2015年3月20日

この作品のタグ

作品レビュー

ねたふり狸
ねたふり狸さん
【作品】青と赤のキャンパスノートについてのレビュー

ネタバレ

(応援)

大学生になったばかりの語り手は、双子の美少女に出逢う。
そこから始まるのは、……まさかの殺人事件捜査!

この作品は、『青と赤のキャンパスノート』シリーズ一作目。
大学生活が始まる『春』に起こった事件とその解決を描き、かつ事件の捜査を通して交流を深めていく語り手達の1ページ目でもあります。

もちろん、折房ミステリの王道を行く本格推理小説。
謎と、フェアプレイ精神息づく情報提示、明確な解答。勢いで流さない、お涙頂戴でぼかさない、余計なものが混ざらない。これが本格推理小説、折房ミステリです。
が、こちらのシリーズには、ほんの少し、味付けに変化があります。

最大の特徴は、探偵役が二人いること。
一人は、シャーロック・ホームズのように現場へ赴き調査検証する、双子の妹の茜さん。
もう一人は、ミス・マープルのように現場を訪れず推理を展開する、双子の姉の葵さん。

アクティブ&安楽椅子。
対極とも言える二人の探偵が事件を解決に導く様は、メリハリのきいた爽快感があります。
性格が似ていない姉妹の仲の良さと、捜査に巻き込まれてしまう語り手には、ほっこり。

さあ、まずは一作目からどうぞ!

もっと見る

2015/12/07 09:00
コメント(1)

折房伝馬さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません