このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

情報屋さんと新撰組

小説 歴史・時代

情報屋さんと新撰組

情報屋さんと新撰組

里桜

総「花見と言ったら、花より団子です♪」

休載中

30ページ

更新:2014/04/16

説明

私は依頼された仕事をこなす。
たとえ、どんな事を知ろうと感情を無にする。

そんな日々を過ごしてたある日のこと。

始まりは…桜の木の前。




総「桜弥の頬ってぷにぷにしてるよね。お饅頭みたい」

ガプッ

桜「いたっ、本気で噛むな!」

一「怒るところはそこなのか?」

土「基本的にどこか抜けてるから仕方ない」

丞「仕事の腕は一流やのに…」

平「アハハ すげぇーアホだ!」

新佐「「平助!ぶっちゃけすぎ!」」






こんな感じでのんびり進みます。


※忠実通りではない。(未定)

※現代語含む。

※関西弁が変。

※シリアスまったくないです。

作っていくうちに判明したのが、上の※です。
それでも、大丈夫という方は読んでみて下さい!

小説初の私ですが、完結できるように頑張ります!

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

里桜さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません