このページのリンクアドレス

エブリスタ
浅き夢みし初恋

小説 恋愛 純愛

最期の日 ―25 OVER―

浅き夢みし初恋

四月朔日

(1)

桐野早苗:19歳:大学生

完結

20ページ

更新:2014/02/13

説明

【本編関連作品】
@プロローグ 流れ星[リンク] By 神威遊様
@短編集《最期の日ー25OVERー・序》[リンク] By 大城 密様
@希望のかけら[リンク] By coffle
@エピローグ・祝杯[リンク] By 大城 密様


 京都駅ビル構内、大階段。
 20XX年12月24日、クリスマスイヴのこの日……ここで、とある大学の軽音楽サークルが主催するライブイベントが行われようとしていた。

 桐野早苗は、その音楽サークルに所属する大学一回生。とは言ってもこれまで楽器を演奏した経験などなく、彼女は会場の設営準備を手伝うだけ。
 よりによって、最期の日が迫るこの日にイベントを行うサークルに辟易としつつも……周りに流され、現在に至る。

 そんな彼女らの元へとやってきたのは、同郷からの参加者。まだ高校生の少年の姿を見た早苗は、驚きと嫌悪の入り交じった目で彼を見ていた。

 彼は彼女の妹である瑞希の……幼なじみであり、初恋の相手でもあった。

【表紙】
[リンク]『25OVER 表紙2』By 神威遊様

この作品のタグ

作品レビュー

四月朔日さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント