このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

ロストメモリー

小説 ライトノベル

ロストメモリー

ロストメモリー

鬼姫

(3)

感情と記憶を失った少年のダークファンタジー

休載中

16ページ

更新:2014/09/01

説明

感情と記憶を失い人間性が無くなった東城貴哉は中学で転校してきた少女、佐藤玲奈と知り合う。玲奈と共にして貴哉は徐々に感情を取り戻し高校に上がる頃には半分の感情を取り戻す事が出来た。


しかし、学校に前触れもなく突如現れた闇の空間に貴哉の目の前から大切な物をすべて飲み込まれ、満身創痍になりながらも逃げた先に待っていたのは紫色に塗装した一車両の電車。


その電車の行き先は別世界の町。


貴哉はその世界の彼女達と出会い、今までの常識を覆すような世界である吸血鬼と出会い、吸血鬼が吸血鬼を倒すという摩訶不思議な話に貴哉は乗る。


しかし、その吸血鬼は殺しても殺しきれない史上最強の吸血鬼だった。


実戦経験のない人間と百戦錬磨の最強の吸血鬼との戦いが始まる。


この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

夢兎
夢兎さん
【作品】ロストメモリーについてのレビュー

ネタバレ


 こんにちは。夢兎です。
 いくつか気になった点をあげさせていただきます。

・感嘆符の後は1マス空けるという文章ルールは守っているのに、改行後の字下げが無かったり、「」の末尾に句点がついていたりします。これは、統一すべきだと思います。

・主人公の口調が安定していません。~だよ。~だぜ。どちらかにした方がいいでしょう。

・初対面なのに年上にタメ口。記憶と感情を失っているということでしたが、過去になにかがある少年の言動とは思えませんでした。タメ口で一貫するなら、お辞儀はいらないかな、と。あと、ここだけ何故か高圧的な印象を受けました。それまでは気の弱そうな印象だったので、感情がないというより、感情が安定しない人に見えました。

・自分を哀れむかのような自傷的な文があります。例)俺はなんにも感じない。いつも通りでなによりだぜ、俺。

・文の意味が読み取りづらい場所や、文法がおかしい場所があります。
~が、~が、~。というのは大抵二分割できるので、分割した方がいいと思います。そうやって一文が長くなっている部分に、文法的な間違いも多かったです。

・全体を通して
 記憶と感情を失っているという設定が活かされていないように感じました。ライトノベルということですが、ダークファンタジーなら、もっと主人公のセリフを堅く、情景描写を増やすなどした方が緊迫感が出ると思います。ライトノベルでも堅い文章は沢山あります。ストーリーはまだ序盤なので、言及しませんが、主人公含む、主要キャラクターに魅力が感じられませんでした。もう少し掘り下げた方がいい気がします。

 とりあえず、こんな感じですね。
 執筆頑張ってください。


もっと見る

2014/08/29 10:47
コメント

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント