このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

玉響に咲く悠久の花

小説 ファンタジー

幻幽奇譚

玉響に咲く悠久の花

有月咲夜

(7)

ーー私は戦う。あなたと共に、あなたの背中を守って。だから、教えて。あなたの心を。

休載中

248ページ

更新:2015/07/06

説明

*2/9に応援特典を作成しました。随時更新していきますのでよろしくお願いします。

*朧風さんに主人公、宮波葉月のイラストを描いていただきました! [リンク]


《あらすじ》
古来より神とともに邪なる力を封じ続けてきた勾花の地。

封印の担い手を守る《御剣》(みつるぎ)の任を継ぐ少女、宮波葉月(くなみはづき)はある嵐の夜、封印の一角を司る《五曜衆》(ごようしゅう)に新たに加わる、二条斗季(にじょうとき)と出会う。

頑なに心を閉ざす斗季と、それを疑問に思う葉月。

そんな時、勾花の地が外から襲撃を受け、古の封印の力が弱まりつつあることを知ることとなる。

そして二人は、封印をめぐる戦いへと身を投じることとなり、また、自らの過去と向き合うこととなる。


《登場人物》
●宮波葉月(くなみはづき)
17歳。責任感が強いがどこか飄々とした少女。言いたいことは素直に口にするが、自分のことだと押さえ込んでしまう。武器は霊刀である若桜丸(わかさまる)。封印の担い手を守る御剣。

●二条斗季(にじょうとき)
18歳。口が悪く目つきも悪い青年。他人を突き放した態度を取る。武器は二刀。新たに五曜衆に加わるべく日の本の地からやってきた。

●一条成正(いちじょうなりまさ)
48歳。最年長者であり面倒見がよい。玖金のよき相談相手。武器は大刀。皆のことを気遣っている。

●三条十七夜(さんじょうかなき)
20歳。髪の長い色気のある優男。女性は丁寧に扱うべきだという考えを持つ。武器は長弓。葉月や司の幼なじみ。

●四条司(しじょうつかさ)
16歳。気が強く直情的な少年。葉月に惚れているが弟扱いされている。武器は持たず格闘術で戦う。仲間のことが大好き。

●五条泰久(ごじょうやすひさ)
20歳。のんびりとし、間延びした口調で話す青年。玖金を敬愛している。武器は持たず、式神を使役して戦う。玖金を侮辱されると豹変する。

●希鞘玖金(きさやくがね)
28歳。厳格な見た目だが毒舌。封印を支える霊守尊。仲間達のことを大切に思い信頼している。

●希鞘皐子(きさやこうこ)
15歳。玖金の妹。天真爛漫でまっすぐな性格。

●月宮兼定(つきみやかねさだ)
突然勾花の地に現れた青年。人間か妖かも不明。封印や五曜衆、御剣、霊守尊の存在を知っており、強い力を有する。

この作品のタグ

作品レビュー

有月咲夜さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント