このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は半年以上更新されていません。

きっかけというもの。

小説 ライトノベル

きっかけというもの。

きっかけというもの。

下小阪三太郎 (如水)

再開しました。m(__)mまたお願いいたします。

休載中

134ページ

更新:2017/04/17

説明

パティシエを目指すロシア系日本人の女の子。
来島イングヒルト。
ひょんな事から日本人の来島夫妻に育てられることになりました。
それは、ちいさなきっかけから始まります。
おばあちゃんとロシア人の捕虜からの出会いからです。
話が長くなってますが、お付き合いくだされば、光栄かとぞんじます。
最後の、夢へ向かって!編。




登場人物紹介

来島イングヒルト・・・この作品のヒロイン兼主人公。滋賀県近江八幡市安土町在住。パティスリーオウミハチマン勤務。とても美味しいシュー・ア・ラ・クレーム(シュークリーム)を作れるパティシエ目指して日夜奮闘中。なぜ、パティシエを目指してかというと・・・。
来島真理・・・イングヒルトの育ての親。養子に出されるイングヒルトを引き取る英断?をしたパワフルお母さん。四男一女の母親。イングヒルトのことを『イーちゃん』と呼ぶ。東大卒業。宇和島市在住。
来島武人・・・イングヒルトの育ての親の父親。真里さんの夫。朱鷺羽製菓株式会社社長。
姉戸知佳・・・・伊方町時代の大親友だった女の子。

この話は、作者のある部分、実話の体験を、小説を媒体として、フィクションとして仕上げて書いています。m(__)m

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

下小阪三太郎 (如水)さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント