このページのリンクアドレス

エブリスタ
ジャイロボール魂

小説 青春・友情

ジャイロボール魂

ジャイロボール魂

まっさー

(3)

中卒の投手がプロ野球選手になる夢を追いかけていく野球小説

完結

502ページ

更新:2015/03/29

無料

説明

僕は、望月 勝(まさる)幼稚園のころから野球に興味があって個人的な練習は、していたのだが中学1年からいじめなどで不登校になってしまった。

小学の時は、6年の時にクラブには所属していたものの部活には、入らなかったのである。ちなみに中卒であるが、でもプロ野球選手になりたい気持ちは、今でも変わっていない。

父は、プロ野球選手で母は、アイドル声優をしている。しかし僕は、何もない。

実戦経験は、小学の時に野球のクラブで3登板1勝2敗、防御率7、99とこれがプロならとっくに戦力外通告を受けている成績だ。
僕は、投手で球速MAX140㌔あるのだが部活をしていないため最低限のスタミナとコントロールしかなく変化球も投げれないのだ。しかし僕にはどうしてもプロ野球選手という夢を諦めることは出来なかったその理由は僕には毎日投球練習だけは欠かさず練習していた時にジャイロボールという魔球が投げられるようになってから一球一球に魂をこめて投げてきたからである。

この間、中卒でも入れてくれる独立リーグ全4球団にトライアウト(入団テスト)を受けるも一次テストで不合格という悲しい結果に終わる。

しかし僕の心の中は冬のままだったがある日、プロ野球球団「神戸ドリームベイスターズ」の緊急補強入団テストが行われることになり、なんとか育成契約を勝ち取るが「0円契約」という前代未聞の契約でプロ野球選手に?
そんな男がプロ野球選手の夢を追いかけていく青春野球ストーリーである。

修正前(2014年3月21日連載開始~5月24日完結)
修正後2014年9月11日完結

※12/6追記

応援設定を致しました!


応援100を超えた方には「ジャイロボール魂」の特別編の第26話がご覧頂けます! ぜひ見てください!

この作品のタグ

作品レビュー

まっさーさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント