このページのリンクアドレス

エブリスタ
溺愛ディストレス 第1話 寂莫の春

小説 恋愛 大人の恋

【20%OFF】狂愛ディストレス

溺愛ディストレス 第1話 寂莫の春

水無月美樹

(3)

「きみは必ず戻ってくると──僕はそう思ってました」

完結

40ページ

更新:2014/06/18

第12話 無料

説明

 


自分が悪いんだってことは、判ってた。

だけど、好きで好きで仕方なくて。

だから、どうにかして辻褄を合わせようと思ったんだ。



──たとえ、喪失することになっても。



ホントの切なさって何だろう。

彼の真意と心は、

いったいどこにあるんだろう。


身体だけは、こんなに近いのに。




.

この作品のタグ

作品レビュー

黒月 馨
黒月 馨さん
【作品】溺愛ディストレスについてのレビュー

ネタバレ

【完結後再投稿】
溺愛完結おめでとうございます! 最後まで読ませて頂き、そして表紙に戻って、ふと一息。。。タイトルすごいね。狂愛もでしたが、読む前と読み終えてからとでタイトルが示すものが違ってみえるというか。思わずほっこり笑ってしまいました。

美樹さんの描く男性はとってもクールなイメージが強いのですが、伊達せんせずるいね。いつでも冷静でかっこいい男性であの言葉遣いで、なのに時折可愛さ見せてくるのはずるいです。そしてそれを飛鳥ちゃんだけが知っているというのがたまらんとです。
狂愛の彼もちらほらと出てくれてますが、伊達せんせとお話してるシーンがすごく好きでした。女生徒Aとして物陰から見つめていたいです。

個人的に伊達せんせのモノローグがとても印象深かったです。そのシーンの情景がふんわりと浮かび、そして彼の気持ち、抱えた葛藤。同じ想いを抱いているわけではないはずなのに、私の中にすとんと落ちてと頷きながら読み進める事が多かったです(どういう事なの)。
ちょっと静かに興奮しているので言いたい事がめちゃくちゃです。いつもの事です。すみません。
飛鳥ちゃんと伊達せんせが、これまで時間以上に寄り添って、幸せでいてくれることを切に願いますヽ(*´v`*)ノ
お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。いつもながら長文レビュー申し訳ないです。

*★*―――――*★*―――――*★*―――――
狂愛の時から飛鳥ちゃんが気になっていたのですごく楽しみだったんですが、伊達先生の話し方がものすごく個人的にツボで読みながらにやにやごろんごろん転げまわりたくなっちゃいます(ゴロゴロゴロ
これからどうなっていくのか、何を想い動いていくのかがすんごくすんごく楽しみです! 陰ながら応援しておりますっ!

もっと見る

2014/06/12 17:44
コメント

水無月美樹さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません