このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

11. もう1度、基本に立ち返ろう!

小説 その他

E★的マンガみち[激辛注意! ]

11. もう1度、基本に立ち返ろう!

諫坂 学

(2)

プロのコミック編集者があなたの作品を辛めに講評!!

休載中

20ページ

更新:2014/03/24

説明

第11回は「ファンタズマ」(著:ユキノ)[リンク]を講評!!

【あなたの作品をプロ編集者が講評!度胸ひとつでエントリー!】イベント[リンク]の応募作品から、完全ランダムに1作品を選んで、プロが講評!!

この作品のタグ

作品レビュー

栄妙子
栄妙子さん
【作品】E★的マンガみち[激辛注意! ]についてのレビュー

ネタバレ

最終的に何も知らないお客様に買って頂く事を意識して、ひとつひとつの作業を丁寧にこなして最高の状態で提供する。

この事はマンガに限らず全ての製造者に言える、大切な基本だと思います。

絵が下手でも丁寧に描く事、これも学校で習った「字は下手でも丁寧にわかりやすく書く事。」に共通すると思いました。

そしてストーリーの矛盾をきっちりチェックする事も、編集長がいなくても小説等のクリエイターには必要な事だと思います。

最近の風潮では、わざと矛盾を作っておいて、そこにノリのいいツッコミをキャラクターたちにさせる事で、ストーリーを盛り上げるという手法が見受けられます。

いわゆる「ノリツッコミ」という話芸です。

他にもノリさえよければ、矛盾は無視してみんなで楽しく騒ぐ内容が、ライトノベルやコミックでは流行しているように感じます。

プロが泣いて苦しむネームの部分を、アマチュアは友達同士の会話から楽しく気軽に作っておいて、そのまま「自分が楽しかったから、みんなも楽しいよね♪」と思い込んで一切チェックしないクリエイターも少なくありません。

しかも飽きたら放置して、同じような内容の別の作品を新しく作っては、また飽きたら放置し、結局最終回をかかずに続編やスピンオフが連発するクリエイターをよく見かけます。

エブリスタでは基本的に、こういった基本を無視したノリのいい作品が若者を中心に人気を集めています。

だから私が習ってきた事は時代遅れで、現代のプロの世界では通用しないと思い込んでいましたが、今回の講評を読んでそうではない事を教わりました。

できる事から、ひとつずつ丁寧に、しっかりと取り組む事は、マンガの世界でも基本だとわかっただけで、大変勇気付けられました。

もっと見る

2014/04/13 19:31
コメント

諫坂 学さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません