このページのリンクアドレス

エブリスタ
彼女の嘘と俺の嘘

小説 恋愛 純愛

彼女の嘘と俺の嘘

彼女の嘘と俺の嘘

赤いからす

ネットの中で都合よく生きてきたおれはチャットでサキという娘に出会った。
たかがネットの世..

完結

253ページ

更新:2014/03/26

説明

ネットの中で都合よく生きてきたおれはチャットでサキという娘に出会った。
たかがネットの世界で嘘をついても他の奴らから非難される覚えはない。
大きなお世話だ。
嘘で塗り固められたおれとサキの関係は次第に深みを増していく。
サキは無償に寂しがっていた。
しかも何かを隠している
彼女も嘘をついている。
チャットから文字だけで繋げていた関係に不満を感じたのか、サキはマイクを使って音声で会話できるメッセンジャー機能を使い、サキは声で、おれはチャットで会話するという奇妙なやり取りがはじまる。
そして、サキは重大な秘密を告白してくれた。
君は声を聞かせてくれたのに。おれは自分自身を偽り、君を裏切り続けてきた。
彼女は通り雨のようにおれの前から姿を消す。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

赤いからすさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント