このページのリンクアドレス

エブリスタ
巻ノ壱

小説 恋愛

総長が愛したのは狼少女

巻ノ壱

九龍

(4)

「テメェ…死にてぇか?」 彼はたくさんの人の上に立つヤクザ――

完結

131ページ

更新:2014/05/24

説明

私を助けてくれたのは
何百人もの人の上に立つヤクザ

☆*。゚☆*。゚☆*。゚☆*。゚☆*。゚

狼と共に暮らす野育ちの少女・花蓮
「若白髪の校長?」
×
竜王組の若頭で四天王をまとめる総長・奏太
「俺の女になれ」
×
奏太の三つ子の兄で追跡の名人・龍太
「狙っちゃおうかな」
×
奏太の三つ子の弟で優男・瑛太
「可愛くないって思ってると本当にかわいくなくなっちゃうよ」

☆*。゚☆*。゚☆*。゚☆*。゚☆*。゚

花蓮を助けるために、暴走族が命を懸ける!

☆*。゚☆*。゚☆*。゚☆*。゚☆*。゚

「私は…生きたい!」

「なら…オマエは俺が守ってやる」

since:04.04
カテラン316位!

衝撃の二話[リンク]

この作品のタグ

作品レビュー

九龍さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント