このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

アルマンド ~きみのこどう~

小説 恋愛

アルマンド ~きみのこどう~

u=yuki

「私はいつだって……いつだって貴方の事が大好きでしたっ……!」

休載中

312ページ

更新:2017/07/15

説明

いつだってその時は突然訪れるもの。人生という長い時間の中でその生の意味を知るのは難しい、それこそ哲学が簡単に見えてくるほどに。だから僕達はその大切な時間の中で何かをする。無関心は成長を止めて人を殺す、そして何より時間の無駄使いだ…………。





今年で高校3年目を迎える如月三味(きさらぎしゃみ)、諸事情によって彼は今日までおおよそまともな青春と言われるものを送っては来なかった。それは彼の中でそれ以上に大切でやらなければならない事があったからだ。



子供の頃の夢は姉さんみたいな人間になること、人望があって他人に優しくクールでストイック、自分には誰よりも厳しい人。僕の憧れの象徴だ。



そんな姉さんは三味が小学生の時に突然この世を去った。その事が原因で心を閉ざしてしまった三味。そんなときに出会ったのが同じように心を閉ざした少女。2人は時間をかけて今では親友と言われる仲になった。傷も癒えそして何より昔と違って支えてくれる仲間がいる。



だから今はそんな仲間たちと高校最後の1年を心から楽しみたいんだ。



そして恩返しがしたい、こんな僕を今まで支えてくれた大親友に。



「その鈍感さがなおってくれれば言うことは無いんですけどね……」



「なにか言った?」



「いえ、なんでもないですよ三味さん。別に……」



とにもかくにも最後の青春、どう転ぶが解らないけどとにかく楽しまなくっちゃね。たくさんの人の轍の上に出来ているこの物語、変わっていくこれからに僕達の色を塗っていこう。



たとえその先にどのような結末が待っていたとしても数奇な出会いの上に成り立っている今を仲間と歩みたい。





この物語は以下の成分
恋愛 20%
友情 10%
暴力 10%
ファンタジー 5%
オーバーテクノロジー 5%
駄文 40%
が含まれています。

それでも構わない方はどうぞ読んでいってください。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

u=yukiさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント