このページのリンクアドレス

エブリスタ
ニゴリ

小説 その他

ニゴリ

ニゴリ

イダリマキ

高校でいじめられている緋采隆が偶然拳銃を手に入れた時から何かが狂い始める。

完結

72ページ

更新:2014/05/01

説明

緋采隆は明禿高校に通っている隆は三年高橋の不良グループに目をつけられて昼になると呼び出されて殴る蹴るの暴力を受けていた、学校の帰り道に隆は発砲事件の現場に居合わせて犯人らしき人物が倒れたときに拳銃と弾倉を奪い取って逃げた。警察官の野田と早坂は発砲事件の捜査を手伝わされ防犯カメラに写った少年を探していろいろな学校をめぐっていた。拳銃を手に入れた隆は引き出しの中に拳銃をしまい警察に捕まらないかと思いながらも学校に通っていた、翌日の昼休みに高橋たちに呼び出され隆は十万円をもってくるように言われて殴られ蹴られた、隆は家に帰り拳銃を取り出してその拳銃が本物か確かめた。金は用意できない隆は拳銃を持って学校に向かった、学校に着くと高橋たちのグループに捕り、受け渡しは学校の近くの明禿駅近くの公園で夜に渡しに来いということであった、隆は夜に指定された場所に向かい高橋に会った、高橋に金は無いから渡せないというと殴ってきた、そのとき隆の持っていた拳銃のことを思い出した、こんな奴がいなくなれば平穏な学生生活を取り戻せると思いバックに入れていた拳銃を取り出して高橋を撃ち殺した。野田と早坂は警察署で書類を書いていると公園で死体が発見されたという一方を聞いて公園に向い、公園では撃ち殺された少年の死体が置いてありこの前の銃撃事件との関係性を感じ少年の補導歴を調べて学校に向かった。隆は不良グループに高橋が来ていないことを問い詰められ嘘をついて難を逃れたたが、野田は防犯カメラの分析資料から銃撃事件の目撃者の高校生と同じ高校だということがわかる。高橋の死を知った不良グループの残りが隆を学校で襲撃して高橋の復讐計画を立て準備を行う。隆は高橋を殺して平穏な生活を送る事ができると思ったが教室で他の生徒から疎まれていることを知り、隆は自分が強い人間だということを誇示するために拳銃を鞄の中に入れて翌日高校に向かった。隆が高校に着くと不良グループが隆を捕まえて脅すために金属バットを持って隆の教室に向かった、隆は捕まり金属バットで体を思いっきり殴られた。隆は鞄の中から拳銃を取り出して不良たちを殺した、その音で校内で死んだ高橋について調べていた野田たちがやってきたがそれも隆が撃ち殺した、そして教室の中にいる生徒に無造作に発砲し殺していった、警官が入ってきて隆の体を銃弾が貫いたが、隆は拳銃を発砲して力尽きて死んだ。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

イダリマキさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント